暴行を受けた技能実習生に対して送出機関の社長から送られてきたメール


 就業時間中に同僚の日本人社員から暴行を受けて負傷したフィリピン人技能実習生が刑事告訴した中で、ユニオンに騙されているので脱退して、会社に戻るようにと送出機関の女性社長(フィリピン人)からフェイスブックで送られてきたメールです。この文中CCさんとあるのは女性社長の主人(日本人)で、受け入れた協働組合の理事でした。
 かなり悪い言葉が使われているとのことです。こうしたメールはこれ以外知りませんが、何かあると母国の送出機関や家族から問題を取り下げる様にと電話が入ってきます。内容はこのメールと大差のなく、「ユニオンに利用されているだけ」とか、「入管のブラックリストに載る」と言った内容であったり、保証金を取っている国では「保証金を没収しなから・・」といった内容の話があるようです。
 警察も信用できない国から来て、私達と関係が出来ていなければこの内容を信じてしまうのかもしれません。

 AA元気ですか。あなたの電話番号を教えて下さい。話しましょう。
 今どこにいるの。
 会社は、貴方に怪我をさせた日本人を解雇したので会社に戻るようにいってます。
 ユニオンを辞めなさい。彼らは仕事が無いので貴方のお金を狙って一生懸命になってるだけよ。
 そしてBBさんは貴方に仕事に戻ってきてもらいたいと考えているし、あなたは不法滞在しているので悪人になっているから私は会社に戻ることを勧めるよ。貴方達は裁判しても負けるのは分かっているのよ。貴方がかわいそうよ。
 日本の法律では働かない人は給料がもらえない法律があるよ。ユニオンはあなたを利用しているだけよ。
 CCさんは貴方をかわいそうだと思っているのよ。彼自身DDD協同組合の理事ですよ。
 だからもう一度お願いするよ。BBさんはまだ貴方を受け入れるのでこのチャンスを大切にして仕事に戻りなさい。あの日本人は解雇されたから。
 もしユニオンの人が貴方に話しをしてきたら次のようにいいなさい。「BBさんと話しをして問題は解決したのでユニオンを辞める。」と。
 会社に帰る前にユニオンに何も話さないでください。彼らは貴方を絶対に引き止めるからです。なぜかというと彼らは仕事がなくなり儲けが無くなるから。冷静に考えなさい。
 あなたが日本に来るときユニオンはなにもしていないでしょ。ユニオンを信頼しないで私達はお互い助け合うことです。貴方は自分のことだけ考えてはいけません。自分のやったことで迷惑がかかる人のことも考えなさい。
 CCさんは貴方のやったことで頭を痛めているよ。お願いだから自分の仕事に戻りなさい。
 もし私と話したいなら事務所に連絡しなさい。もしいなかったら事務員に私の携帯電話の番号を聞きなさい。二人で話したほうがいい。
 今貴方が会社から出て行っているのはとても悪いことよ。これは入国管理局に記録され、これから他の国にいくことはできなくなるよ。もったいない話。ユニオンに行かなくても二人で解決できたのに。
 貴方はユニオンがどのような酷いことをしたか知っているでしょ!彼らは会社から250万円をとろうとしているのよ。法律的に会社は支払う必要はありません。貴方は仕事をしていないのだから。
 ユニオンは、会社が貴方を殺す計画をしていると貴方を脅して逃げるようにさせました。しかし貴方は死にませんでした。
 彼らは貴方に裁判官に嘘をつかせてお金を取るために利用するだけです。それは正しいことですか。そんなことをして貴方は恐ろしくないですか。貴方はユニオンの道具に利用されているのよ。貴方は大変なところに入ってしまったよ。
 FFさんは裁判で戦うといっています。CC先生は、貴方が一番かわいそう、お金を持って帰ることは出来ないと言っていますよ。
 まだ時間があるので会社に戻ったほうがいい。入国管理局にまだ貴方が逃げたとの報告はされていません。もし報告したら貴方の記録は悪くなります。すぐに馬場先生に電話(連絡)しなさい。