平成20年度社会保険労務士労働基準法問題


【問4−B】誤り

[問題解説の主旨]
 労働時間と休日の条文の知識があれば問題ないでしょうというか、考える必要ない問題かもしれません。

[条文]
第三十二条 使用者は、労働者に、休憩時間を除き一週間について四十時間を超えて、労働させてはならない。
A 使用者は、一週間の各日については、労働者に、休憩時間を除き一日について八時間を超えて、労働させてはならない。
【罰則:6ヶ月以下の懲役又は30万円以下の罰金】
第三十五条 使用者は、労働者に対して、毎週少くとも一回の休日を与えなければならない。
A 前項の規定は、四週間を通じ四日以上の休日を与える使用者については適用しない。
【罰則:6ヶ月以下の懲役又は30万円以下の罰金

[解説]
 1週36時間労働となりますから問題となることはありませんし、1日5時間週7日の場合でも32条違反とはなりませんが、この場合、35条違反となります。労働基準法は最低の労働条件を定めたものですから、1週に40時間を超えて、又1日については8時間を超えて労働させることができないだけで、それ以内であれば問題はないことになります。ただし、第36条の規定により労使協定を締結し、労働基準監督署に届け出ることによってこの時間を超えて労働させることができます。
 隔日勤務のタクシー運転手さん(16時間勤務)や長距離トラックの運転手さんなどにこの条文をそのまま適用できない職種では変形労働制を導入するなどの方法で対処していますが、その運用については詳細な通達が出ていますのでこれに従って勤務体制を組んでいく必要があります。
 また隔週2日休日の制度を採用している場合には、1週40時間をフル活用するためには1ヶ月単位の変形労働時間制を導入し、2週間単位で運用する必要があるように労働時間の有効活用を図るために変形労働時間制や裁量労働制との関係で見ておく必要があるといえます。