社会保険についてごぞんじですか?      健康保険の被扶養者の範囲について

問 題 : 別居中の息子が学生同士で結婚した場合には、その相手の扶養はどうなるでしょうか。


   健康保険の被扶養者はどのような範囲の者が対象になるのかについてみていきます。国民健康保険では、被扶養者との考え方はなく、全てが被保険者とみなされて保険料が課され、世帯主が代表して支払うということになっています。ここでは、政府管掌(社会保険事務所)および組合管掌(健康保険組合)の健康保険が対象となります。

健康保険法
第3条7項 この法律において「被扶養者」とは、次に掲げる者をいう。
 1.被保険者(日雇特例被保険者であった者を含む。以下この項において同じ。)の直系尊属、配偶者(届出をしていない    が、事実上婚姻関係と同様の事情にある者を含む。以下この項において同じ。)、子、孫及び弟妹であって、主として    その被保険者により生計を維持するもの
 2.被保険者の三親等内の親族で前号に掲げる者以外のものであって、その被保険者と同一の世帯に属し、主としてその 被保険者により生計を維持するもの
 3.被保険者の配偶者で届出をしていないが事実上婚姻関係と同様の事情にあるものの父母及び子であって、その被保険者 と同一の世帯に属し、主としてその被保険者により生計を維持するもの
 4.前号の配偶者の死亡後におけるその父母及び子であって、引き続きその被保険者と同一の世帯に属し、主としてその 被保険者により生計を維持するもの

 ここに規定されている者のみが被扶養者になれる要件を備えている者といえますが、直ちに認定されるかというとそうではなく、前号でみたように年間の収入が130万円未満(60才以上の者や障害者の場合は180万円)との要件があります。さらに、この条文にあるように「生計を維持」また「同一世帯」の要件などがあります。

 まず、条文を見ていく前に、親族という概念について明確にしておいてください。これには、血族と姻族とがあります。血族は、血のつながりのある被保険者側の親戚であり、姻族とは、配偶者側の親戚ということになります。従って、「2」項は「三親等以内の親族」と規定されているので、血族と姻族を含んでいます。

 第1項についてみていきます。ここでは被保険者の家族を中心とした親兄弟の血族を対象としており、別居していても仕送りするなどの「生計維持関係」があればよいことになっています。しかし、注意しなければならないのは、兄と姉またひ孫はこの項の対象ではなく、次項の「三親等以内の親族」に該当してきますので、同居していることが絶対的な条件となってきます。したがって、弟が働いて兄を大学に進学させている場合には、被扶養者と認定されませんが、これが弟であれば問題なしということになります。第2項では、「三親等以内の親族」であっても、全てが対象となるのではなく、別居していれば対象となりませんし、同居しているだけではなく、生計維持関係が無ければ駄目ということになります。

   では、問題として掲げた解答はどうなるでしょうか。子供の配偶者は一親等の親族ですから、同居かつ生計維持の関係が無いので被扶養者として認定されないことになりますので、従来どおり、相手の親の被扶養者として継続せざるを得ないことになります。ただ、相手が働いておれば、相手の被扶養者になればいいことですし、当然、国民年金は第三号被保険者となり、保険料を払う必要もなくなります。

 第1項、第3項、第4項に「事実上婚姻関係と同様の事情にある者」に関する規定があります。内縁関係にある者についても被扶養者と認定されますが、その親族については、三親等以内の親族の規定は適用されず親と子だけに限定されてしまいます。内縁関係とはいっても、離婚しないうちに他の人とこうした関係に入っている場合には、民法により重婚が禁止されている関係上、当然、認められません。

 最後に、共働きの場合どちらの扶養にするかとの問題があります。原則、年間収入の多い方の扶養にすることになりますが、公務員などの場合で、扶養手当がでれば、そちらの扶養とするとの通達もありますし、世帯主の面子ということもあり、緩やかな取り扱いが行われていますが、健康保険組合では、所得税の被扶養者と一致しているか否かを問われることになると思います。