二次健康診断等について

〜生活習慣病から王手をかけられた人に〜

 健康診断にはいろいろな種類がありますが、サラリ−マンにとっては、毎年1回、労働安全衛生法に基づいて行われる定期健康診断が一番馴染み深いと思います。次に、一定の年齢制限がありますが、健康保険が行っている人間ドックがあります。これら以外にも脳ドック、大腸がん検診、子宮がん検診などを実施している事業所や健康保険組合などもあります。
 二次健康診断は、労働安全衛生法に基づいて行われた定期健康診断の結果に一定の異常がある場合に、労災保険の給付としておこなわれる健康診断です。従って、労災保険から給付されるため労災病院または都道府県労働局長が指定した医療機関でしか受診出来ないことになります。
 簡単に言ってしまえば、脳・心臓疾患の症状は出ていないため治療対象とはなっていないが、何時症状が出てもおかしくない状態の者、すなわち生活習慣病から王手をかけられた人を対象としています。二次健康診断また特定保健指導により生活習慣病に対する意識付けの検診ということができます。

 ここでは二次健康診断の内容と指定医療機関となる場合の設備要件など簡単に触れてみたいと思います。

A二次健康診断の内容
1.受給要件

 労災保険の対象となる労働者(特別加入者は除く)で、次の要件の全てを満たすことが必要となります。
 @ 定期健康診断で次の全てに異常所見が認められる者
  a 血圧検査、b 血中脂質検査、c 血糖検査、d BMI(肥満度)の測定
  ※ ただし、上記に異常所見が無い場合でも、産業医が就業環境等から異常所見が認められると診断した場合は受給できます。
 A 脳・心臓疾患の症状を有していないこと
 脳・心臓疾患の治療をしている者、またそのような症状があると定期健康診断を含めて既に診断されている者は除かれます。
2.検診内容
 @空腹時血中脂質(総コレステロ−ル、HDLコレステロ−ル、中性脂肪(TG))
 A空腹時血糖値検査
 BヘモグロビンA1c(HbA1c)
 B負荷心電図又は胸部超音波検査(心エコ−検査)のいずれか
 C頚部超音波検査(頚部エコ−検査)
 D微量アルブミン尿検査(定健で尿蛋白が(+-)または(+)の場合)
3.特定保健指導
 二次健康診断の結果、脳・心臓疾患の症状がない場合に指導されるもので、@栄養指導、A運動指導、B生活指導がなされます。
4.受診の方法
 「二次健康診断等給付請求書」に事業主の証明をもらい、指定医療機関で受診すれば、指定医療機関が労働局に請求することになります。ただし、定期健康診断実施日から3ヶ月以内に実施する必要があり、1年度に1回が限度となります。

B指定医療機関の設備要件
 @ 上記、「A−2」に定める@〜Dまでの検査ができる医療機関ですが、血液検査と尿検査については分析する器具を備えていることまでは要求されていません。
 A 負荷心電図については、次の3つのいずれかの方法で実施できればいいとされています。@トレッド法、Aエルゴメ−タ−法、Bマスタ−法