休日に出勤したときの扱いは?

    前回、時間外手当の額の計算方法等みてきました。この中で、休日出勤をした場合の割増賃金のことが出てきたので、今回は、休日出勤とはどのような場合を指すのか、また、代休とか振替休日などの言葉を聞かれたことがあると思いますが、この違いはなにか見ていきましょう。

 まず、休日とは、就業規則等で、「毎週土曜日と日曜日、祭日そして年末年始の休み」のように、その事業所が「休み」と定めた日をいいます。また、「水曜日と年始」だけと定める場合もあるでしょう。それでも構いません。労働基準法では、原則として毎週1回の休日を定めれば良いと言っているからです。別に、日曜日や祭日を休日とする必要もありません。

 「うちは週休2日制で祭日も休みとしているが、休日出勤の頻度が高いので、その都度、3割5分の割増賃金を払わなきゃいけないの。それなら休日は増やさない方がいいよな。」と思われるかもしれませんよね。だけど労働基準法は「休日は毎週1回」としかいっていませんので、就業規則に、「休日出勤の割増は、週1回の休日が確保できる週は支払わない。」と定めておけば、ゴ−ルデンウィ−クでも、休日を1回だけ休ませれば、割増賃金を支払う必要がないということになります。この場合、「忙しいから、土日に出勤してよ。ただ、月曜日に欠勤して休んでいるから、休日割増賃金は払わないよ。」と言われたら、どうしましょう。「あっ、そうですか」と言って、引き下がっちゃだめですよ。休日とは、あくまでも就業規則等で休日と決めた日を指しますから、欠勤や年休等で休んだ日は含まれないんですよ。欠勤した日は、出勤すべき日ですから・・・。

 では、「休日出勤させて割増賃金を支払いました。労働基準法では、休日は毎週1回与えなさいといってます。ということは、別途休日を与えなければいけないか」というと、そうではなくて、割増賃金を支払えば、休日を与えなくても免責しますよという免罪符の性格を持ったのが割増賃金だといえます。1日8時間、1週40時間を超えて労働させたら、また休日に労働させたら罰則ですよ。だけど割増賃金を支払えば免罪符を与えますということになります。当然36協定の届出は必要ですよ。

 次に、振替休日についてみましょうか。割増賃金を支払いたくなかったら、事前に出勤させたい休日を別な日に振り替えたうえで休日出勤させるのが、振替休日と呼ばれる免罪符です。これは休日出勤させる前に話しをつけておかなくではいけません。「お客さんが日曜日にあの仕事を済ませてくれといっているから、頼んだよ」と指示し、「昨日はご苦労さん。今週は暇だから、昨日の日曜日の代わりに好きなときに休んでいいよ。振替休日にするから。」といって割増賃金を支払わなかったらこれは免罪符を手にいれていないので、6ヶ月以下の懲役又は30万円以下の罰金という地獄への直行便ということになります。また、振替える日は事業主が指定しても構いません。ただ、就業規則等に定めておく必要がありますよ。

 最後に、代休についてですが、前段で地獄への直行便となった例がこの代休にあたります。事前に休む日を指定して休日出勤させる振替休日と違い、割増賃金を支払った上に、さらに恩恵的に「休ませて上げましょう。」というのが代休です。
 時間外手当の支給の問題や振替休日と代休などの意味合いを理解したうえで処理されないと地獄耳の閻魔大王さまがお出ましになりますので、免罪符を手に入れておきましょう。