≪Kabinett説明≫

 ここには、”Kabinett”と記載されています。これはこのワインがどのランクに属しているかを示しています。
 格付けについては、”QMP”のページを見てください。

 ドイツワインで、普通に飲んで最も美味しく感じるランクだと思います。ワインだけでも良し、食事とあわせても良しです。
 しかし、必ずしも日ごろ気軽に飲める値段ではないかもしれません。吟醸酒よりは多少安い程度かもしれません。
 こまめに捜すと安いものがあるかもしれません。ちなみに、三越の裏の「しろ」、また、ファースト・グループが、プリュムのヴェルナー・ゾンネンウアー・カビネット  を安く出していました。(2,200〜2,500円程度)
 プリュムは銘醸ワインの一つです。「ドクター・プリュム」の名前で出しているQBA格のワインも楽しめました。これは、薬掘通の入口にある大和屋酒舗などのエスポア・グループが持っていました。

次 へ   戻 る


プリュム