≪Rieslingの説明≫

 ここには、”Riesling”「リースリング」と書かれていますが、これはブドウの種類の名前です。ドイツでは最も優れたワインは全てこのブドウから造られています。
 ボルドーのカベルネ・ソービニヨンやブルゴーニュのピノ・ノアールとシャルドネと同じ感覚でしょう。
 ドイツワイン=リースリングといっても良いくらいです。QBA以上でこれ以外のものを捜すのが難しいぐらいです。フルーティーできりっとした味わいです。
 他の品種では、飲んだことがあるものだけをあげると、 シルバーナー、ケルナー、ショイレーベ、フクセルレーベ、モリオ・ムスカット、バッカスなどがありますが、リースリングと比べるとそれぞれかなり癖が強いように思いますが、リースリングのスッキリした味ばかりに親しんでいると、たまに飲んだ時には図太さを感じていいものです。

次 へ   戻 る